慢性疲労の改善ガイド » 慢性疲労を改善・回復するには » 【番外】クリニックで診察

【番外】クリニックで診察

このページでは慢性疲労や慢性疲労症候群を病院で治療する方法を紹介しています

慢性疲労や慢性疲労症候群は病院で治療できます

慢性疲労よりもひどい疲労感が続くのが慢性疲労症候群です。

慢性疲労症候群の治療法はまだはっきりと確立されていませんが、主に漢方処方などの薬物療法やセラピーやカウンセリングなどの非薬理療法があります。

クリニックで治療を受けてしっかり治したいと思っている方のため、それぞれの治療法を詳しく紹介します。

主な治療方法

【薬物療法】

慢性疲労症候群と診断された場合、薬による治療が中心となることが多いです。処方する薬は患者の症状や治療方針によって異なりますので、納得した上で薬物療法を受けることが大切になります。例えば次のような薬が処方されます。

抗うつ剤や抗不安剤

疲労感の軽減、免疫機能の改善効果があります。ただし副作用で睡眠障害や興奮状態などになる可能性もあります。重い睡眠障害がある場合は「低容量TCA」、うつ病などの精神面の症状が重い場合は「SSRI」などが使用されています。

漢方

免疫や内分泌を整える効果があり、体力や気力を補うことができます。慢性疲労ではこの漢方を中心に薬物療法を行うことが多いようです。

ビタミン剤

ビタミンB12やビタミンCなどが使用されます。「抗酸化治療」や「抗炎症治療」なども有効であると考えられています。体内の活性酸素による細胞の障害を防ぐ作用などにより、慢性疲労を改善できる効果も期待できます。

【非薬理療法】

セラピーやカウンセリング、アロマやマッサージなどを行い身体や心をリラックスさせて疲労を取り除きます。

サプリメントで体内に不足している栄養を補い、自然治癒力を引き出すというのも非薬理療法の考え方です。

慢性疲労の改善におすすめの成分とは?

【注目!】疲れ改善におすすめの成分ランキング>>