その症状

疲労感や頭痛、不眠などの慢性疲労の主な症状を紹介しています。

慢性疲労ではどんな症状が起きるのか

慢性疲労で見られる症状として、いくつか代表的な例を紹介します。

  • 微熱や頭痛
  • 睡眠障害(不眠・過眠)
  • 疲労感
  • 気分障害

それぞれの症状を詳しく解説していきましょう。

それぞれの症状の特徴

慢性疲労でおこる症状を詳しく説明します。

微熱・頭痛・のどの痛み

いつもより0.5~1.5度近い熱が長く続く、鎮痛剤を用いても効果が見られない、風邪をひいた時のようにのどが痛む、頭痛が続くということがあります。体温を自分で調節できなくなり、暑くないのに暑さを感じる、寒くないのに悪寒を感じるということもあります。

睡眠障害(不眠・過眠)

慢性疲労では不眠や過眠といった睡眠障害も多く見られます。寝つけない、寝つけても眠りが浅い、早く目が覚めてしまう、日中も極度に眠いなどがあり、睡眠を取っているのに疲労の回復ができず身体に倦怠感が残ります。

疲労感

仕事や育児など、原因がはっきりしたストレスによる疲労感が続きます。身体が重く感じる、寝ても疲れが取れないなど、個人差はありますが疲労感が長く続きます。

気分障害

神経伝達物質が低下することで、うつ病に似た症状が出ることがあります。気分が落ち込み、集中力や注意力が低下することも。さらに精神が不安定な状態になると、不安感や興奮、錯乱に陥ることもあります。

疲労感がひどくなってきたら要注意

上記のような症状がいつまでも続いている方は慢性疲労かもしれません。

さらに症状が悪化して疲労の回復が非常に難しくなる、日常生活に影響を及ぼすほどの疲労感を感じている場合、慢性疲労症候群が疑われますので要注意です。

気になる症状がいくつも現れてきたら、一度専門医へかかることをおすすめします。

慢性疲労の改善におすすめの成分とは?

【注目!】疲れ改善におすすめの成分ランキング>>