慢性疲労になりやすい人とは

疲れやすい体質や体のタイプにはどのような傾向があるのか調べました。

疲れやすい体質や体のタイプとは

疲労がなかなか回復せず、長期間続く慢性疲労。目にみえて分かるものではないので他人に理解されにくく、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

では、慢性疲労はどのようなタイプの方がなりやすいのか。ここでは慢性疲労になりやすいタイプを紹介します。

慢性疲労になりやすいタイプ

慢性疲労が発症する原因は人によってさまざまですが、傾向としては次のような方が発症しやすいと考えられています。

  • ストレスが強い人
  • 高学歴な人
  • 自己責任感が強い人
  • 多忙な人
  • 20~40代の女性
  • 物事を一人で抱え込んでいる人
  • 頑張り屋の人
  • 休日もゆっくり休むことができない人
  • 負けず嫌いな人
  • 几帳面な人
  • 他人にどう思われているかが気になる人

など、一般的に「真面目で働き者」の方が慢性疲労になりやすいタイプだと言われています。上記のようなタイプの方は、知らず知らずのうちに疲れが蓄積していくことが多いのです。

疲れを睡眠で回復させようと思っても残業や休日出勤でゆっくり休むことができなかったり、回復が足りない状態で仕事をすることで、さらに疲れを溜めてしまう。

それを繰り返していくと慢性的な疲労状態に陥ってしまうのです。

とは言え、日本人の多くはいずれかのタイプに当てはまる方がほとんどかもしれません。つい頑張りすぎてしまう日本人は慢性疲労になりやすいということかもしれませんね。

過度な疲労が溜まる前に、まずは自分なりに工夫をして疲労を上手く解消することが大切です。

無理をしすぎると身体の回復が追いつきませんから、自分の身体と心の声をきちんと聞き取りたいものです。

慢性疲労の改善におすすめの成分とは?

【注目!】疲れ改善におすすめの成分ランキング>>