慢性疲労の改善ガイド » 慢性疲労とは?知っておきたい基本情報

慢性疲労とは?知っておきたい基本情報

このカテゴリでは、慢性疲労の主な原因や症状、関連性のある病気、慢性疲労になりやすいタイプなどを紹介します。

慢性疲労とはどんなもの?

  • 寝ても疲れがとれない
  • 身体がだるくて重い
  • ぐっすり眠れず疲れが翌朝まで残っている
  • やる気がでない、憂鬱になる
  • 筋肉痛や頭痛、のどの痛みなどが続く

このような症状を感じている場合、もしかしたら慢性疲労かもしれません。慢性疲労はその名前の通り、疲労感が慢性的に続いている状態のことを指します。

慢性疲労では体力の回復よりも疲労感の方が強いため、たとえぐっすり寝ても疲れが取れないなど、いつも疲労感が残っているのを感じてしまうもの。いわゆるストレス社会と呼ばれる現代では、多くの方が体験したことがある症状かと思います。

このような慢性疲労の症状がもっとひどくなると、身体を休めても疲労が回復しないだけでなく、睡眠障害や肝機能障害、精神障害までも引き起こす強い疲労感が続く「慢性疲労症候群」という病気になってしまうことも。

症状が重いくなるとベッドから起き上がることができなくなってしまう場合がありますが、他人には理解しにくい症状のため「だらけている」と見られてしまうこともあるようです。

疲労感が続くと気分も落ち込み、毎日が辛くなってしまいます。「ただ疲れているだけ」「そのうち睡眠をたっぷり取れば治る」と放置せずに、今からできることで心身ともに改善・回復させるようにしましょう。

そのためにはまず、慢性疲労とは何かを知っておくことが大切です。

このカテゴリでは、慢性疲労の原因から主な症状、さらに慢性疲労と関連性のある病気、勘違いされやすい慢性疲労症候群との違い、慢性疲労になりやすい人のタイプを特集しています。

疲労の原因は何か、隠れている病気はないのかを調べながら、日々続いている疲れを改善させる方法を見つけ出しましょう。

慢性疲労の改善におすすめの成分とは?

【注目!】疲れ改善におすすめの成分ランキング>>